「ほっと、一息つける」大学のホットステーション。

インフルエンザの流行について(注意喚起)

2018/01/30

インフルエンザ流行について

全国的にインフルエンザが流行しており、佐賀県内においても患者数が急増し、警報が出されています。本学でもインフルエンザと診断された学生からの報告が急に増えてきています。

十分な栄養と休養をとり、うがいや手洗いなどをして予防に努めましょう。また体温測定など健康観察を行い、感染の早期発見にも努めてください。

急な発熱、全身倦怠感、全身の疼痛など疑わしい症状がみられる時には、速やかに医療機関を受診してください。

インフルエンザの診断を受けた場合は、教務課及び保健管理センターに電話で連絡してください。感染を広げないためにも、外出は控え自宅療養をしてください。またその間はサークル、アルバイト等の課外活動も自粛してください。

インフルエンザの診断を受けた場合は、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまでは出校は禁止です。所定の手続きを取れば欠席扱いにはなりません。
手続きについてはこちらをクリックしてください。
http://www.sc.admin.saga-u.ac.jp/kansenshou.html

インフルエンザについての詳しい情報は下記をクリックしてください。
*佐賀県 インフルエンザ流行発生の「警報」について
 http://kansen.pref.saga.jp/kisya/kisya/180117_press.pdf

*佐賀県感染症情報センター
 http://kansen.pref.saga.jp/